ウルトラマン28

登場介助

異次元人

異次元に生息している知的生命体であり地球の生物と宇宙怪獣を合成改造する超獣製造機によって超獣を製造し地球へ送り込むまた配下には人や人など多くの宇宙人や異次元人を従えている視覚的には赤紫色の歪んだ時空の中にうごめく頭部のとがった顔のない人間の姿で現れる格は頭部や腹部に装飾を施しておりその形状には個体差がある一人称は私だがわしや俺を使うこともあるなど複数の人格が確認されるが意識は共有されているらしい言動は基本的に冷静沈着であるが第17話で南夕子に作戦が露見したときは焦った様子を見せたりにTACを倒すよう命令する際は高揚した一面も見せるその性格は極めて卑劣かつ陰湿であり人間のことは総じて下等な存在と見下しているAの前半で一度は滅ぼされるがその後も超獣は登場し続ける自身も人間の負の心を好んで自らの源としているため完全に倒すことは不可能である

超獣

第1話に登場

身長55

体重4万4440

出身地異次元

第1話冒頭に大写しで登場しその勢いのまま広島県福山市を蹂躙するそして地球防衛軍の戦闘機隊をまず火炎放射で迎撃し背後に回れば全身からの一斉発射そしてが切れたと見せかけて油断させ口からの乱射で全滅させるという知略を見せる防衛軍の戦闘機隊を一掃した後北斗星司の特攻でを受け撤退するその後は東京に現れ東京をへし折るなど破壊の限りを尽くしTACやAと対決するAとの戦いではがまったく通用せず劣勢だったが火炎放射で怯ませたうえで動きを止めてからの光線で苦戦させる異次元人が送り込んだ地球侵略用超獣第1号の超獣製造機で宇宙怪獣と珊瑚が合体した超獣手からは敵の動きを止める金縛り光線や状光線白色光線を放射し口からは100万度の火炎を吐くまた全身に見られる突起物はの発射口になっており口内にも2連装の式中型を装備しているさらに舌から出す唾液は強酸性でありなどもたやすく変質させる口内を攻撃されると体内の高圧電気胃袋で自爆が起こりしばらく動けなくなるのが弱点点滅まで追い込むが口にを受けてと火炎を封じられで大きく放り投げられた後光線を受けて絶命する

広告を非表示にする