どう伝えるか独自のやり方

先月、今月と、社員との同行が毎週続いています。現在名古屋支店には新人営業2名、中堅の事務経験有りの営業1人、計3名が毎日誰かと同行しながら先輩のいろんな営業スタイルを学んでいます。

僕の知る限り同業他社と比べても独り立ちするまでにはかなり時間をかけます。

僕自身新人の頃は9月に1ルートを持ち、その後は翌年にフルルートになったくらい相当時間をかけて先輩から学びました。現在は11月くらいには独り立ちを目指して日、営業スキル、商品知識を学んでいるといった状況です。

名古屋だけでも、20名近くの先輩営業がいる中で、20通りの営業スタイルを学ぶことができます。トークが上手い人、商品知識が豊富な人、提案が上手い人きっとそう言ったことを何かしら感じながら先輩同行が続いていると思います。

そこで思うことは、自分自身の営業スタイルのあり方です。通常営業スタイルはさほど他のメンバーと違いはないと思いますが、スケジュールの組み方、モノではなくコトを重視する動き方感覚経験で判断することが多いため、後者を伝えて行くのは至難の技です。

美容師さんも同じだと思いますが、個性を活かし、独自化することで自分自身の価値を作ることは、オリジナル!ひじょうにマネが難しいことにもなります。だからどう伝えるか難しいといった感じのタイトルに繋がります。

自分でやってみて感じていることは、美容師さんの為の行動がブレなければ、会社は基本NOは言わない会社だと感じています。ブレないからいろいろ行動させてもらえるそう感じています。

どんな仕事でも営業のあり方は、見直される時期にきていると思います。

当たり障りもない営業スタイルは印象に残ることはありません。自分らしい営業スタイルを作り上げる動きをいつかしてほしいと感じながら同行をしています。