人の気持ちの責任を取っていませんか?メルマガより

こんにちは!

HSPカウンセラー石井麻子です。

HSP無料講座10回と、

その後の週1回ほどの、

ほっこりメルマガを配信し始めて、3月。

徐に登録してくださる方が増えてきて

返信のお手紙をくださることが、嬉しく励みになっています。

すぐにお返事ができないこともあり、ごめんなさい。

ちゃんと読んでいるし、温か〜い気持ちをいただいています。

ありがとうございます

今日は、少し前に配信したメルマガから抜粋してみました。

手紙を出している感覚なので

たぶん、

ブログより、距離が近い感じになっていると思います。

人の気持ちの責任を取っていませんか?

さんは、

責任感が強いと聞いて、

どんなふうに感じますか?

しっかりした人、

真面目な人、

愛情深い人、など、

なのかもしれません。

どちらにしても、

良いイメージだと思うのです。

けれど、この責任感が

他人の気持ちの責任まで、

取ってしまうことがあるんですよね。

例えば、なんだか、

目の前の人が寂しそうだから

なんだか、

期待されているような気がするから

敏感な人は、

そんな周囲の感情を、瞬時に読み取ってしまうと思うんです。

そして、

その感情に、無意識に応えようとして、

しんどくなってしまうことも、

あるんじゃないかなぁ。

これは、

たぶん、長年のクセだと思うんです。

親からの影響が大きいことが多いでしょうね。

そのクセが、

もしかしたら、

今の人間関係にも、残っているのかもしれません。

例えば、

親からの期待、厳しさ

そのような環境で育つと、

幼い頃のさんが、

親の顔色をうかがい、

どこかで穴埋めをしようとしていたのかもしれません。

当時の親御さんにも、

何か事情があったのだと思いますが、

それは

やはり親の問題であって、

さんが、引き受けたり犠牲になる必要はなかったのですよね。

もしも、

現在、誰かの心の穴埋めをして、

辛くなってしまうようなことがあったとしたら

相手との線引きを、

意識的にしてみましょうか。

幼い頃から育まれてきた、

何らかの責任感。

それは、

相手を思いやる気持ちとして、大切なことだとは思うんです。

だけど

今辛くなるほどの責任感で、

相手の気持ちをくみ取っているのであれば、

そこは、

ちょっと、セーブしてあげても良いんじゃないかな。

相手の人の、寂しさや期待

それは、

その人自身の問題だから。。。

さんが、

あえて、

埋めたり、おぎなってあげなくても良いんですよ。

日頃、

自分がやることの責任だけでも大変なのに、

さらに、他人の心の責任まで取っていたら、

きっと、すごく疲れちゃうと思うんです。

と、頭では理解しても、

実際には、難しいところもあると思います。

私もそうですから。。。

幼い頃からのクセで、

親から始まり、

今も、どこかで、

人に何かを与えなくちゃいけないのかな〜、

なんて想いが、無意識に出てきてしまうんです。

それが過度になると、

心の疲れだったり、

肩こりや、アレルギー反応になることもあります。

ある意味、サインとして教えてくれているんですね。

今は

あ〜、これ以上はまずい!しんどい!って、

なるべく早めのうちに気付いて、

相手との線引きを、認識するようにしています。

この認識があると、

ここまでで、終わりにしようっとって、

辛さが限界に来る前に、

自分のことを優先できるようになると思うのです。

さんの周囲の人が、

どんなに助けて〜!って、

言葉や表情で、無意識に投げかけてきたとしてもね

方法としては

理想は、

今は無理なので

今は疲れているのでなどと、伝えること。

なかなか出来ないけれど

無理だったら、申し訳ないけれど無視する。

それも無理なら、さりげなく逃げる

ある程度の距離を置くことは、

とっても大切なんですよ。

何よりも、

自分のことを大切にするために

今のこの問題は、

自分の問題ではなく

相手の人の気持ちの責任を、

さんが、補いうけおい責任を取るためのことなのか、

ちょっと頭の片隅にでも、

置いておいてあげてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ほっこりした日を過ごせるよう、応援しています!

ってな感じで

まだ始めて3月ですが、よかったら登録してみてくださいね。

HSPの方が、生きやすくなる10の秘訣

HPはこちらです

花灯りカウンセリング横浜